令和4年度(第77回)文化庁芸術祭参加公演

高島嘉右衛門列伝4

~横濱の龍神~1,2,3総集編

高島嘉右衛門列伝4は、2021年10月、2022年1月、2022年6月に横浜関内ホールで上演した連劇・高島嘉右衛門列伝~横濱之龍神~1~3作目までの総集編になります。幕末から明治にかけて横濱の近代化に尽力した大商人であり、易経の天才とうたわれた高島嘉右衛門の奇想天外なるその生涯を描いていきます。
父・薬師寺嘉兵衛が一代で財を成した、江戸の材木問屋『遠州屋』に生まれた清三郎(のちの高島嘉右衛門)は、幼いころから武士と同じ教育を受け、尊王攘夷派の藩士らとの深い関わりを通して得た人間関係を軸に成長していった。しかし、二十歳を前に突然、父が亡くなり、まさかの義兄が放蕩の末作った大借金の返済で、そこから苦悩の人生が始まる。しかし、易経で安政大地震を見事的中。一夜にして二万両を手にした。ほっとしたのも束の間、その翌年、安政の豪雨で木場にあった材木二万両をすべて失うこととなり、またもや大借金に追われる身となってしまう。さらに不幸が続き、うっかり手を染めてしまった夷人相手の両替詐欺の罪でまさかの無期懲役となってしまう。獄中で何度星にかけたが、6年後、奇跡的に赦免され江戸払いとなった。心機一転、名を高島嘉右衛門と改め、復活の人生の場として目指したのは、一路横濱であった。横濱に戻った嘉右衛門は、引き合いがあり運良く建築業に戻ったのだった。そして、わずかに7日後。太田町に自らの材木問屋『高島屋』の看板を掲げる快挙を成し遂げた。その後、山手に建てた英吉利公使館の建築で、英吉利公使ハリー・パークスの信頼を得たことをきっかけに、多くの外国の要人と交流を持ち、一気に横濱一の建設業者として、大実業家としての階段を上っていく。人生V字復活の陰には、父が残してくれた多くの信頼と人脈、そして幼いころに学んだ『易経』の力があったのだ。

期間 2022/10/20 (木)~2022/10/20 (木)
上演時間:約1時間50分(休憩含む)を予定
休憩時間:開演後1時間で一幕目終了 100分間の休憩の後2幕目40分の予定
劇場 横浜関内ホール
出演
  • 榊原利彦
  • 鈴木杏樹
  • 宝亀克寿
  • 石垣佑磨
  • 川本淳市
  • 川原英之
  • 高橋孝輔
  • 飯野雅
  • 山口仁
  • 串間太持
  • 小黒雄太
  • 飛野悟志
脚本
  • 榊原玉記
演出
  • 榊原利彦
サイト

http://theredface.stage.corichi.jp/

※正式な公式情報は公式サイトでご確認ください。

スタッフ 照明・音響 PAC
楽曲制作・制作 Fillmore Far East Inc.
衣装提供 (株)石塚繊維
ヘアーメイク 水島裕作
制作 一般社団法人FA普及委員会FAVT
写真家 三井正人
著作・製作 THE REDFACE
その他注意事項 終演後、出演者が舞台上よりご挨拶のタイミングで、スマホなどで舞台上の撮影などなさっていただきかまいません。また、コロナ禍のため、お見送りのご挨拶は控えさせていただきます。ご了承くださいませ。

横浜関内ホール(神奈川県)

期間 2022/10/20 (木)~2022/10/20 (木)
上演時間:約1時間50分(休憩含む)を予定
休憩時間:開演後1時間で一幕目終了 100分間の休憩の後2幕目40分の予定
タイム
テーブル
10月20日(木) 開場18:00 
一幕目 開演18:30-19:30 休憩10分 
二幕目 開演19:40-20:20
劇場 横浜関内ホール
料金 6,600円 ~ 6,600円
【発売日】2022/08/28 (日)
全席指定席¥6,600
チケット取扱
10/20
18:30

powered byCoRich舞台芸術!